医療サポート.com

医療法人  »  医療法人 豆知識  »  医療法人の附帯業務   → 医療法人サポート・サービス医療法人の手続き

医療法人イメージ

医療法人における生命保険の活用

将来の退職慰労金の準備や万一のために、法人のオーナー経営者は生命保険をよく利用されています。これは法人として保険料を支払って損金化することで節税をしつつ、将来に備えているのです。

医療法人の理事長である院長先生も同じことです。
生命保険を上手に利用することが、医療法人設立のメリットにもなります。

医療法人設立ページ紹介

残余財産の帰属先制限と生命保険

残余財産とは、医療法人を解散して清算後に残った財産のことをいいます。
出資持分のない社団たる医療法人の場合、残余財産の帰属先は、国・地方公共団体・医療法人その他の医療を提供する者であって厚生労働省令で定めるものから選定したものになってしまいます。

この残余財産の帰属先制限が、医療法人設立のデメリットと言われることがあります。
しかし、この残余財産の帰属先の問題は、必ずしもデメリットにはならないと考えています。

医療法人の残余財産の帰属の問題へ

生命保険の活用

毎年の役員報酬額の設定と役員退職時の退職金プランを緻密に設計して、残余財産をなるべく残さないようにすれば、残余財産の帰属先制限は問題になりません。

ところが、残余財産を残さないようにするために、毎年の役員報酬額を増額しすぎると個人の所得税率が高くなってしまいます。
そこで、役員報酬額を調整して、税率が低い将来の退職金財源にまわすようにするのです。
この退職金の準備方法として、以下のとおり、生命保険が重要な役割を担うことになります。

退職金と生命保険

退職金について

退職金は院長先生が医療法人から支給される最後の大切な財産です。
公的年金に加えて、ご勇退後のゆとりあるライフ・ステージを送るための大事な資金となります。

  • 医療法人では、理事長の退職金を損金に算入することができます。
    • 個人診療所の場合、退職金を支払うことができませんが、医療法人では理事長ご自身の退職金を損金として計上できるというメリットがあります。
      退職金の損金算入へ
  • 退職金は、その他の所得にくらべて税法上優遇されています。
    ①退職金に対する課税は1/2になります。
     【計算式】退職所得の金額=(退職手当等の収入金額-退職所得控除額)×1/2
    ②勤続年数に応じて「退職金所得控除」が認められています。
    ③退職金は原則として分離課税です。
  • 理事長が亡くなられた場合、退職金は遺族が有効活用できる資金となります。
    • 相続税の納税資金や相続人間の遺産分割調整、個人診療所時代から負担している理事長個人の債務の返済など、死亡退職金は貴重な資金となります。

退職金は医療法人経営に尽くされた院長先生の功績を慰労するため、または、遺族のための税法上メリットがある資金です。上手に準備することがポイントになります。

医療法人手続きのサポート
医療法人の設立から移転・分院開設・承継・理事長重任・役員変更・決算・解散・合併など、医療法人の各種手続きを専門の行政書士が代行サポートいたします。お見積書を提示しますのでお気軽にお問い合わせください。
医療法人手続きのサポートへ
医療法人手続きのサポートイメージ

退職金の準備としての生命保険の活用

医療法人の場合、退職金は損金として計上されますが、退職金支給時には多額の損金が発生し、支払い事業年度の利益だけでは吸収されず、繰越欠損金として処理されることになります。
この繰越欠損金が控除されるのは翌年以降の7年間ですが、7年も赤字決算が続くことになります。

そこで、貯蓄性のある生命保険を利用することで、退職金の準備とすることができます。
たとえば、長期平準定期保険を利用すると、万一の場合に死亡退職金として活用でき、さらに、ご勇退時の生存退職金の財源が計画的に確保することができます。
また、保険料は一定要件のもと1/2損金処理ができます。

退職金の支給は、医療法人設立のメリットですが、その財源確保のために計画的に生命保険を利用することをおすすめします。

お気軽にお問い合わせください!!

お問い合わせから業務の着手までの流れ

1. お問い合わせ

お問い合わせイメージ
  • まずは、お電話( TEL:06-6131-5696 )または メールフォーム からご連絡ください。
  • 貴診療所またはご指定場所にて、打ち合わせを行います。

2. 打ち合わせ・見積書の提示

打ち合わせイメージ
  • 当事務所が行なう手続きをご説明し、報酬額のお見積書を提示します。
  • 提案内容・見積額の合意後、正式契約となります。

3. 業務着手

業務着手イメージ
  • 業務着手金をご入金いただいた後、直ちに業務に着手いたします。
    (報酬額10万円以下の業務については業務着手金は不要です。)

当事務所では、身近な街の法律家、相談役としてご活用していただけるよう、丁寧でわかりやすい説明と柔らかな応対に心がけていますので、お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ
事務所電話番号
受付時間 月~金 9:00~18:00
サービス内容についてのお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうそ。
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールによるお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうぞ。
こちらから
医療機関の顧問をされている
会計士・税理士等の先生へ
医療機関の顧問の先生へ
医療・薬事に関する許認可のご相談を受けられたときは、当事務所にお声をおかけください。詳しく
行政書士マーク
当事務所は医療・薬事専門の行政書士事務所ですから、
安心してご依頼いただけます!  行政書士とは

サポート・サービス

医療・薬事手続き&豆知識

ご依頼・お問い合わせ

電話番号 06-6131-5696

  • 受付時間 月~金 9:00~18:00
  • サービス内容についてのお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうそ。

メールでのお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ
  • メールによるお問い合わせやお見積りのご依頼はお気軽にどうぞ。
    こちらから

医療機関の顧問をされている
会計士・税理士等の先生へ

  • 会計士・税理士等の先生へ
  • 医療・薬事に関する許認可のご相談を受けられた時は、当事務所にお声をおかけください。詳しく

業務のご依頼や業務内容についてのお問い合わせ・お見積もりのご依頼は下記からどうぞ

当事務所は医療・薬事専門の行政書士事務所ですから、安心してご依頼いただけます! 行政書士とは

業務着手までの流れ

1. お問い合わせ

お問い合わせイメージ
  • まずは、お電話またはメールフォームからご連絡ください。
    貴診療所またはご指定場所にて、打ち合わせを行います。

2. 打ち合わせ・見積書の提示

打ち合わせイメージ
  • 当事務所が行なう手続きをご説明し、報酬額のお見積書を提示します。提案内容・見積額の合意後、正式契約となります。

3. 業務着手

業務着手イメージ
  • 業務着手金をご入金いただいた後、直ちに業務に着手いたします。(報酬額10万円以下の業務は業務着手金不要です。)

最近の記事

矢印
Top