事務所電話番号

お電話でのお問合せ
9:00~18:00(平日)

事務所電話番号

9:00~18:00(平日)

TOP  »  薬局  »  薬局の開設手続

薬局の開設手続

薬局を開設 するには、その所在地の都道府県知事の許可を受ける必要があり(医薬品医療機器等法第4条)、新たに薬局の開設許可が必要となる場合は次のとおりです。

  • はじめて薬局を開設する場合
  • 既に許可を得ている薬局の申請者(法人)が変わる場合
  • 既に許可を得ている薬局の組織を変更する場合(個人⇔法人)
  • 既に許可を得ている薬局の許可の種類が変わる場合(店舗販売業⇔薬局開設)
  • 既に許可を得ている薬局を別の場所に移転する場合
  • 薬局を全面改築する場合
  • 許可更新申請を許可満了日までに行わなかった場合(許可の期限が切れた場合)

さらに、保険調剤業務を取り扱うには、地方厚生局に申請して保険薬局の指定を受ける必要があります。

薬局開設の要件

  • 店舗の構造設備が、定められた基準に適合していること。
    • 薬局等構造設備規則第1条
    • 都道府県の許可審査基準及び指導基準
  • その店舗において、医薬品の調剤及び販売又は授与の業務を行う体制が、定められた基準に適合していること。
  • 管理薬剤師を置き、店舗を実地に管理すること。(管理薬剤師は、薬剤師を雇用して管理させてもよい。)
  • 申請者(法人であるときは、その業務を行う役員)が薬事法で定められた欠格条項に該当しないこと。

薬局開設手続の流れ

  1. 許可申請に必要な書類の準備
    • 法人で申請する場合と個人で申請する場合では、必要書類は異なります。
  2. 申請書類を所管官庁へ提出
    • 申請後、担当者が現地調査を行います。
  3. 保険薬局指定の申請
    • 許可書が交付されたら、地方厚生局に保険薬局指定の申請を行います。
    • 必要に応じて施設基準の届出も行います。
  4. その他、必要に応じて、法律に基づく公的支援の指定医療機関の手続を行います。
薬局開設サポート
サポートサービスイメージ
薬局開設サポート

薬局の開設手続を専門の行政書士がサポートいたします。
お問い合わせいただきましたら、まず、お見積書を提示しますのでお気軽にご連絡ください。

矢印
Top