Home  »  コラムTop

医療・薬事専門行政書士コラム

小規模保育事業所の開設

医療法人は、病院や診療所などの運営(本来業務)の他、本来業務に支障のない限りにおいて、附帯業務を営むことができます。

医療法人の附帯事業へ

今回、附帯業務として、当事務所として初めて小規模保育事業所の開設をサポートさせていただきました。

保育事業所は、昨今、話題の施設ですが、小規模保育事業所とは、0歳、1歳、2歳児を保育する認可保育所のことで、平成27年度から開設されています。
そもそも、医療法人が小規模保育事業所を開設できるのかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

医療法人が営むことができる附帯事業には、以下のリンク先のようなものがありますが、小規模保育事業所はその中の第7号に規定されています。
「医療法人の業務範囲」(厚労省HPから)
※社会福祉法第2条第3項に小規模保育事業と記載があります。

今回開設した市では、小規模保育事業に初めての取り組みでした。
市の事前説明会には、十数社参加しましたが、結局、認可申請を行ったのは、当事務所がサポートした医療法人だけのようでした。
説明会から認可申請まで時間が短く、保育士の確保、卒園後の連携施設の確保、施設改修工事入札など、法人の負担は大変なものでした。
当事務所は担当官と協議を重ねて、必要書面をとにかくすばやく整えることに心がけました。
無事に4月の開園を迎えることができたときには、心からほっとしました。

介護事業を附帯業務とする医療法人のサポートは、数多く行ってきましたが、今後は保育施設開設のサポート業務も増えてくるのかもしれません。
当事務所もその受け皿となれるように、努力していきたいと思います。

1 / 3512345...102030...最後 »

矢印
Top